2009年11月28日

脇田美術館

脇田美術館
http://www.kitakaru.jp/kanko-haku/kyu-03.htm

現代洋画家を代表する脇田和が、長年の夢を形にし1991年にこの美術館を造りました。現在も意欲的に創作活動をつづける洋画家脇田和の、ドイツ遊学時代(1920年代)から近年の作品まで、油彩、素描、版画など、300点余を収蔵しています。

 脇田美術館は、脇田和の画業の全貌を伝える常設展示を中心に、企画展の開催や、画家にとどまらず彫刻家、建築家、デザイナーなど広い意味で日常的にドローイングを制作する人々に参加を求める国際公募展「軽井沢ドローイング・ビエンナーレ」の開催、音楽会、朗読会など、現代との接点をもとめるプログラムを展開しています。

 オリジナルグッズを扱うミュージアムショップ、ティルームを併設し、建築家吉村順三氏の手による隣接のアトリエは、近代日本の木造建築を代表する建物として知られる。


〒389-0100 長野県軽井沢町旧道1570-4
0267-42-2639
JR軽井沢駅より旧道方面、徒歩10分
タグ:脇田美術館
posted by 風 at 14:36| 脇田美術館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。